国家公務員T種試験をうける為の受験資格は、「受験年の四月1日で21歳以上33歳未満の者」、「21歳未満の者でも大学を卒業または翌年卒業見込みか、人事院がそれと同などと認定する者」と思っています。また、試験のレベルが大学卒業程度と言う事で、大学を卒業する必要はありません。受験のスケジュールは、申込が4月上旬に行われ、1次試験が5月上旬、2次試験の筆記試験が5月下旬、人物試験5月下旬〜6月中旬、そして、合格発表が6月下旬と思っているのです。試験科目は、1次試験がマークシート方式の教養試験と専門試験、2次試験が記述式の専門試験と総合試験、人物試験んですよ。合格率は平成2二年度の場合で9.6%、倍率は20.4倍でした。この事からも、国家公務員T種の試験に合格するためには独学で勉強したのは現実的ではなく、やはり、専門の公務員資格スクールにて試験対策をした方が得策と言えます。それでもかなりの時間を費やし勉強に励まなければ、合格行うことは難しくてす。また、試験に合格するだけだったら、試験の得点のみで決定されるので出身大学は関係ありません。しかし、採用される際には、各省庁内の判断でおこなわれるため、圧倒的に東大などのエリート大学出身の方が有利となることは間違いません。つまり、国家公務員のT種に合格し、かつ、スムーズに採用されるためには、大学を選ぶ所から試験対策を始めなければならないと言うところもにもなるようですねー